【最新版口コミ】ゴキブリ駆除対策で「ゴキちゃんストップ」を1年間使用してみた結果のブログ!ぶっちゃけ効き目はある?ない?

【乳幼児ママ】おすすめグッズ
本ページはPRが含まれています

こんにちは。こんママです。

誰もが嫌うG!そんなゴキブリ(名前を見るのも嫌な人ごめんなさい)退治に超効果的な薬剤に出会ったので今回はその商品のおすすめブログです。
※Gの写真等はでてきませんので安心してよんでね。
※商品の包装に描かれた可愛らしいイラストGはでてきますのでご了承ください。

我が家は、2020年に現在の新居に引っ越しをしてきました。そして、引っ越しからわずか1年後の2021年夏にでっかいGが突如出現するという事件が起こりました。しかも2匹!
原因はコロナ禍により24時間開けっ放しにしていた窓!(おいw)これまでも昼間に窓を開けていたことはあったんですがさすがに昼はGも活発的に行動はしていませんから入ってこないんですよね。
で、油断して24時間開けっ放しにしていたら夜に侵入してきてしまったようです。

24時間窓を開放する前の1年間はGと出くわすことは一切ありませんでしたから、G退治用の道具なんて1つも持っていなくて、見つけてすぐに逃がしてしまったんです。

もうマジで恐怖。本当恐怖。生きた心地しませんでした。

しかも、当時長女を出産して帰宅したばかりで3時間おきに授乳してたので、その日の夜は本当に生きた心地がしませんでした。あえて目をつむって授乳してましたwww

で、そんなときに友達にすすめられたのがこちらの「ゴキちゃんストップ」という商品。

これが本当によく効いた!なにより置いておけば勝手にたべて勝手に死んでくれるので、置いておくだけで、もう生きたGと出会うことはないという超頼もしいアイテムなんです。
さすがにそれ以降24時間窓を開けっ放しにするという無謀な行為はしていませんがそれでも、ずっと置き続けています。安心感が違います。

ということで「ゴキちゃんストップ」とは?なにがすごいのか?「市販の置くだけタイプとの違い」などを書いていきます。

スポンサーリンク

ゴキちゃんストップとは?

ゴキちゃんストップとは置くだけの錠剤タイプのをゴキブリ駆除薬です。

トイレの裏側奥です。

こんな感じでGの通り道(床面・壁面)に固定して置くだけ!有効期間は袋を設置後、約半年です。

食べると、のどが渇く⇒水のあるとこを求めて家から出ていく⇒外で干からびて死ぬという仕組みになっているようです。

おすすめの置き場所は、
・台所の隅、食器棚の中や裏側
・冷蔵庫やガスレンジの下や裏側
・シンクの下や裏側、排水管の回り
・洗面台の下や脱衣所、トイレの隅
・押入れの中、タンスの隙間
・部屋の隅や電気製品の裏側
など

です。
我が家は小型犬や小さい子どもがいるので、子供の手が届かないところに置きました。また、基本は全部屋に設置していますが、犬や子供がメインで過ごしている部屋には置いてません。

【使用上の注意】としても、以下のように記載されています。

ホウ酸を含有する錠剤です。薬剤が手に触れた場合は、早めに石鹸でよく洗ってください。子供やペットが触れない場所に設置して下さい。使用中や保管する際は飲食物・食器・飼料などと区別し、誤って食べないように十分注意してください。

市販の置くだけタイプのものと何がちがう?

薬局にも市販の置くだけタイプの駆除剤は売っていますが、Gは時にそれらの薬剤にたいしての免疫をつけてしまうそうです。設置したけど効果がなかったという人いませんか? それ、Gがその薬剤にたいして免疫を持ってしまっている可能性があります。

それに対し、このゴキちゃんストップはプロのゴキブリ駆除業者が作り、使用している超強力駆除剤となっているのが特徴です。さらに企業秘密の特殊な製造方法で、とにかく効果が最大限に高くなるような製法で作られているようです!

なので市販を買って試してみたけど、全然聞かなかったという人にほど試していただきたい商品になっています。

ちなみに、我が家ではゴキブリホイホイ&スプレーで生き延びたGがこのゴキちゃんストップで退治できたので、本当におすすめです!

我が家に侵入してきたG2匹の末治

もちろん、我が家に侵入してきた2匹も無事退治できました。まず、出会いから別れまでのいきさつをお伝えします(←言い方w)

1日目:出会う
夜19時ころ、もう子供をお風呂にいれてあとは寝るだけというときに、トイレからパパの叫び声が「ゴキブリがいる!」。まさかと思いトイレの奥をのぞくと、い、いる。そして奥へきえていく。とりあえず、トイレの扉を閉めて私と息子でトイレを監視。旦那が走って薬局にゴキブリスプレーを買いに行く。
帰宅後、トイレにゴキブリスプレーをまき散らし、トイレの隙間に目張りをし一晩放置。きっと死んだ。大丈夫死んだ。
とりあえず、恐怖の出来事をツイッターでつぶやくと友人が「ゴキちゃんストップ」をおすすめしてくれた。Amazonで速攻ポチる。到着は翌日。明日がこんなに長く感じるとは。

翌日:第二の出会い
とりあえず、このままトイレが目張りにより使えないのは困るということで、朝方開放。奴の死骸はない。きっと、死んでる。奥の方で死んでるに違いない。
昼間にゴキちゃんストップが届きすべての部屋に設置。そして、設置しているときに気づく。あれ、そういえばここの窓開けっ放しじゃん。ふっと、窓の淵をみるとGのフンらしきものを発見。まじかよ(しかも結構大きい。めっちゃ萎える。)とりあえず、処分して窓を永久閉鎖する。
ひとまず、ゴキちゃんストップを設置したことで、食べて勝手に死ぬ仕組みが出来上がったので安心感から少し気持ちが開放されてきていた。

そして、ふっと視界をうえにあげると。

壁に。なんか。いる!

昨日手に入れたスプレーで速攻処分。無事に処分。でも気になることが1つ。

昨日トイレでみたやつより、なんか大きい気がする。パパも同じ意見。でも言い聞かせる。
「いや、昨日トイレにいたやつだ。死んだことで筋肉の緊張が取れて大きくみえるんだ」←どういう理屈w

とりあえず、昼間に設置したゴキちゃんストップを一通りみてみる。すると1つだけかじられた跡があったのです。

な!やっぱりいるーーーー!それが、さっき殺した奴なのかそれとも、違うやつがいるのか。

何かが食べた跡がある=Gがいるという恐怖も正直あります。でもね、食べているから後はそのGは死ぬだけっていう安心感も同時に感じました。

数日後:亡骸
とりあえず、そこから数日は毎日ゴキちゃんストップをチェックしてました。でも新たにかじられた跡はなくもう他にはGがいないんだという安心感とどこかで死んでいるという安心感。これだけでゴキちゃんストップありがとうという感じでした。

そしてさらに数日後、窓掃除をしようとカーテンで閉ざされた窓の淵をみたときに亡骸を発見しました。外にでたかったんだろうなー…喉かわいてたんだろうなーと1つの命に対してちょっと申し訳ない気持ちも抱く。
二度と、我が家には入ってこないように夜の窓開放はやめると決めました。

ちなみに大きいGはクロゴキブリといって基本は外に住まいを持ちます。なので家で発見してもたまたま侵入してきてしまった可能性が高いです。
それに比べ、小さめの細長いゴキブリは家に住み着くタイプなので家のどこかに巣を持ってしまっている可能性が高いので、こちらのほうが要注意だったりします。小さいからラッキーではないのです。

あれから、ちょうど1年たってこのブログを書いていますが、以来二度とやつの姿をみることはありません。そして、実際に外に出ようとして窓の近くで死んでいる姿も確認できたのでゴキちゃんストップへの信頼感がすごいです!

現在も、明るい時間だけ窓は開けています。もしまちがって入ってきてしまっても、我が家では生存していけないようにゴキちゃんストップは常に設置していますが今のところ、活躍するチャンスはないままきています。

とにかく置いていると安心感がちがうのでおすすめです。

私におすすめしてくれた友人も2年前から使用しており、それまで毎年出現していたGもう1度もみていないそうです!すごい!

ちなみにゴキブリの卵にも有効です。ゴキブリの卵が羽化しないというわけではなく、母親がゴキちゃんストップをたべる⇒死ぬ⇒生まれた赤ちゃんが死がいを食べる⇒死ぬという仕組みらしいです。
なので家に巣をつくるチャバネGに悩んでる人にもおすすめの商品です!

おすすめの使い方

設置前の写真を撮影しておきましょう
元の形がちょっとかけていたりして、食べられたの?もともと?っていうのが判断しにくかったりするので、そういうのをしっかりチェックしたい人は設置前に撮影しておくことをおすすめします。
逆に家にいるかもということを知らないほうが幸せだ!という人は撮影しないでポンっとおいておきましょう。

買うならここがおすすめ

圧倒的にAmazonです!
Amazonプライムで注文すれば翌日に届きます

楽天でも購入可能です▼

 

家でGに出会いたくないという人は、出会う前に設置しておくことをおすすめします。出会ってしまうともうしばらく恐怖なので、出会わない環境を準備しておきましょう!

以上。こんママでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました