「食事作らない」と決めた共働きママが100分も時短に成功した話

家事について

実は、「献立を考える」や「後かたづけ」を含めると、合計料理時間の平均は133分もかかっていることをご存じでしたか?

この膨大な時間を「毎日」捻出するのは、特に共働き家庭にとって非常に大きな負担です。

こんママ
こんママ

2023年から夫が単身赴任となり、5歳と2歳の子どもを完全ワンオペで育てている私も、毎日の食事作りには非常に悩んでいました。

献立を考えるのは大変ですし、準備や片付け、さらにはそういった工程の最中に子供たちに話しかけられたりと、料理の準備をこなすだけで一苦労。

一時期、週末に食材をしこみ事前に冷凍しておくということもやっていましたが、せっかくの休みに頑張ることに疲れてしまい、そう長くは続きませんでした。

同じような悩みを抱えているママはきっと多いのではないでしょうか?

無理し続けても、子育ては新たな壁が次から次へと立ちはだかるもの…近いうちに限界を迎えてしまうかもしれません。

しかし、133分の負担を半分以下にできる時短テクがあるとしたら、どうでしょうか?

1時間以上も枠があくんです。

これを何回、何日と積み重ねたらかなり大きいですよね。

今日は、そんな魔法のような家事の時短テクをお伝えしていきます。

この記事を書いた人

✅夫(単身赴任中)+5歳♂+2歳♀+犬
✅フルタイムワーママ 管理職
✅超ズボラ×根が真面目
✅毎日を、少しでもラクしてハッピーに変えるズボラTipsを発信中
✅当ブログのミッションは苦労するワーママをひとりでも減らしたい!です

「食事を作らない」魔法のような家事時短テクニックとは

結果からお伝えすると、それは「宅配食サービス」を活用することです!

こんママ
こんママ

え? そんなこと? とガッカリしましたか?

でも、ちょっと待ってください! この宅配食サービス本当におすすめなんです!

特に、まだ未就学児の子どもがいるママには是非知っていただきたい

この「宅配食サービス」は

✅徹底的に添加物不使用
✅子どもに安心!小児栄養のプロが監修
✅1回の配達で30-70品目摂取可能
✅調理工程は電子レンジで約2分温めるだけ!

さらに、おいしいんです!

サービス名はシェフの無添つくりおきといいます。

もし、これまでこういった宅配食サービスを試したことがないのであれば、是非1度は試してみてください。もっと早く使えばよかったと後悔するはずです。(私がそうでした)

これまで、宅配食サービスを利用して「おいしくない」「身体に悪そう」「なんだかんだ手間がかかる」と不満を抱いたことがある方にもおすすめです!

これまでの宅配食の悪いイメージを払拭してくれるはずです。

そもそも、毎日平均133分の時間を料理時間に費やしているって…なかなかの時間の浪費ですよね?

合計料理時間の平均は133分の内訳

引用元:https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/corporate_info/2021/press_20211129.pdf

この旭化成の調査データによると、料理の工程時間は全部合わせて平均133分にもなるそうです。

内訳は

✅献立を考える・決める
17.5分
✅材料の買い出し
36.8分
✅調理をする
47.3分
✅調理したものを盛り付ける
7.9分
✅跡片付け(洗う・拭く・しまう)
23.4分

となっていますが、我が家ではシェフの無添つくりおきを導入したことで

✅献立を考える・決める
17.5分5分
✅材料の買い出し
36.8分0分~15分
✅調理をする
47.3分10分
✅調理したものを盛り付ける
7.9分→7.9分
✅跡片付け(洗う・拭く・しまう)
23.4分10分

と、約33分~48分程度まで短縮することができました

平均値の133分と比較すると、1/4から1/3程度まで減らすことができています。

それぞれ詳しくみていきましょう。

献立を考える・決める:17.5分→5分

バランスの良い食事を提供するために、栄養価や家族の好みを考慮しつつ、冷蔵子の在庫も確認して…と献立を考えるためには、考慮しないといけないことがたくさんありますよね。

しかし、シェフの無添つくりおきを活用することで、献立ありき(自分が決めるのではなくプロが監修する)の生活になります。

しかも、栄養バランスを考慮したお総菜となっているため、正直何も足さなくてもいいくらいだと思います。我が家では、冷蔵庫の在庫を確認し

✅ヨーグルト
✅ゼリー
✅サラダ
✅バナナ
✅納豆
✅スープ

など、ありものを盛り付けるだけなので、献立メニューを考える・決める時間はたった5分になりました。

こんママ
こんママ

むしろ、5分もかかっていないかも!?

毎日の献立を考えるストレスから、解放されることで、精神的な負担も軽減されます。宅配食サービスを利用することで、食事の準備が楽になるだけでなく、心にも余裕が生まれますよ。

材料の買い出し:36.8分→0分~15分

材料の買い出しも、シェフの無添つくりおきを活用することで、献立ありき(自分が決めるのではなくプロが監修する)になるため

✅冷蔵庫にあるものを追加する:0分
✅追加するものを購入する:15分(我が家の場合)

の2択になります。

我が家の場合は、だいたい追加するものは固定されているので、基本的に事前に準備ができている状態になっています。なので、

✅冷蔵庫にあるものを追加する:0分

の一択になっています。

平均36.8分かかっている買い出しを0分にできる生活!魅力的ですよね。

是非検討してみてはいかがでしょうか?

調理をする:47.3分→10分~20分

調理時間もかなり楽になります。

✅ご飯の準備
シェフの無添つくりおきの総菜をレンジでチンする

※スープを追加する場合はつくる

ご飯の準備はレンジでチンしている間にできるので、スープを追加しない日は10分ほどでおしまいです。

だいたい。1品レンジで温めるのに約2分かかるので品数にもよりますが4品使用しても10分以内で完了します。

すべて、箱型のパックに入っているのでゴミも重ねて捨てるだけ!とっても楽ちんです!

調理したものを盛り付ける:7.9分→7.9分

盛り付ける時間は、正直変化はないと思います。

とはいえ、我が家の場合は、自分がつくるより品数も増えたことで盛り付けることがとっても楽しくなりました。

あと片付け(洗う・拭く・しまう):23.4分→10分

鍋、調味料を合わせたお皿、料理器具がゼロになるため、盛り付けたお皿やコップを片付けるだけになります。

こちらも自分で調理するよりかなりラクになります!

まとめ

シェフの無添つくりおきサービスは、忙しい日々の中で健康的で美味しい食事を楽しみたいと願うすべての人にとって理想的な選択肢だと思います。

実は、私は最初のころ、こういった宅配料理サービスを利用するのにすごく抵抗がありました

しかし、使ってみると「もっと早く知りたかった」の一言に尽きます。

おかげで、料理の準備中に子どもに声をかけられてイライラすこともなくなりました

子どもとの時間が増え、自分の余裕ができました

「なんで、私ばっかり」という夫への不満も減りました

少しでも気になった方はぜひシェフの無添つくりおきサービスを試してみてくださいね。

退会やスキップ方法もとっても簡単です。

無添加の安心感とプロのシェフが手掛ける美味しさを兼ね備えたつくりおき料理で、日々の食卓が豊かになり、さらに食事の準備に追われるストレスから解放され、家族との時間や自分の時間を大切にすることができますよ。

以上、こんママでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました