3歳で車酔いデビューを果たした息子の【乗り物酔い対策】について

【世田谷区】子育て・保活情報

こんにちは。こんママです。

皆さんは乗り物酔いしますか? 私はめちゃめちゃします!細かく言うと子供の頃にめちゃめちゃ乗り物酔いしていました
特に車と船! でも、大人になってからは、近くを見ないとか、風に当たるとか対処法をわかっているので薬などに頼らなくても、日常生活において困ることなく利用できています。(大揺れの船はいまだに無理です)でも、子供の頃はただただ本当につらかったです。もともと都内に住んでいることもあり、車を利用することはほとんどなかったのですが、学校の行事や旅行でたまーに車やバスに乗車することがあると本当にその時間が苦痛で仕方ありませんでした。

そもそも車酔いは
①揺れになれていないため
②耳の奥にある三半規管が察知する動きと、目から入る情報に
違いが生じ、平衡感覚や自律神経が乱れて起こる

などと言われています。

息子は1歳のころから車にちょくちょく乗せていて、これまで特に具合が悪くなることもなかったので車酔いないんだ~良かった~なんて思っていたのですが、3歳半頃から車にのっていると急に「おなかが痛い」と言い始めることがありました。最初はうんちかな?ベルトがきついかな?長時間座りすぎてお尻が痛いのかな?なんて思っていたのですが、次第におなかが痛くなる頻度が増え泣き叫び始めたり、「痛い」と訴えるまでの時間がどんどん短くなってきました。最終的には「車にのりたくない」と言い始めるように

でも、不思議なことに車から降りるとケロッとしているんです。

これは、もしや?と思い、ネットで調べると。

「乗り物酔いは2-4歳ころから起こり始める」と。キターーーーーーーーーー! やっぱり車酔いだったのか…痛いという表現は彼なりの気持ち悪さの表現だったのだと思います。
しかし、乗り物酔いに気づいた頃には時遅し。なんと、2週間後にパパの実家に遊びに行くことが決まっていたのです。しかも移動手段は車!(しかもしかも片道4-5時間かかる)。新幹線をとろうにもGW真っ只中のため予約がとれない!むしろ新幹線でも酔うかもしれない……公共の乗り物で泣き叫ぶほうが大変だしなー…さてどうしよう。

ということで、いろいろ調べてみました。そして、わかったことは…

・空腹や満腹は車酔いしやすくなるのでNG
・乳製品もNG
・3歳以上から使用できる酔い止め薬がある
・遠くの景色をみさせると酔いにくい

ということ。
あ~確かに、朝食を食べに出かける際に空腹のまま車に乗せたら5分でおなか痛いって言いだしたなーとか。朝からヨーグルトやチーズのサンドウィッチ食べさせてから車に乗ってたなーとNG行動しまくりで大反省。ごめんね息子くん。

ということでさっそく、次の土曜日に「乳製品以外の朝ごはんを満腹にならない程度にたべさせ」「出発の30分前に酔い止め薬をのませ」てから車に乗せてみることにしました。

そのときに使用した酔い止め薬はこちらの「センパア プチベリー」という市販のお薬です!

イチゴ味ということで、喜んでたべくれるかな?と思いましたが、本人は「おえ」ってなってしまっていたのでジュースと一緒に飲ませました。

そのころには車に乗ること自体を嫌がり始めていたので「車にのってもおなかが痛くならない薬だよーーー」と10回くらい伝えました(洗脳大事!笑)

そしていざ、車に乗車! これで乗り物酔いをしてしまうと、もう絶望しかないので、最初が肝心!と、とにかく声掛けをしまくって遠くの景色をみるようにいいきかせました

「遠くの鳥さんどっちが多く探せるかなー」と、空を飛んでる鳥を一緒に数えました。本人も結構のりのりで30-40分車に乗っていましたが飽きることなく遠くをみていてくれました!

おかげで、久しぶりに車に乗車してもおなかが痛いといわなかったのです!そのあと30分くらい外を散歩し、そのまま別の場所へ再度車で40分くらいかけて移動しましたが、ずっとご機嫌で過ごせました!
4時間以上経過していれば薬を再度飲んでOKとのことで、帰りも薬を服用させ無事に帰宅することができました。

それ以降、車に乗る前には必ず薬を「おなかが痛くならない薬だよ」と言ってのませるようにすることで一度も乗り物酔いになっていません。GWに東京から東北へ約5時間かけて移動した際も問題なく移動することができました(夜発で、ほとんど寝ていたのもありますが(酔い止めの薬は眠くなる効果があります!))。何より「車=おなかが痛くなるからいやだ」となっていた状態を克服できたので助かりました。

12-15歳が車酔いピークなどと言われているので、成長の過程で今の状態がキープできるかはわかりませんが、とりあえずは「薬を飲めばお腹は痛くならない」と本人が安心して車に乗れるようになったので良かったです。

もし、現在「これって車酔いなのかな?」と疑う症状がある場合は、ぜひ上記の対処法をためしてみてくださいね。ごくたまーに3歳未満でも車酔いしてしまう子がいるそうです。3歳未満でも使用できる市販の酔い止め薬はないようなので、その場合は小児科の先生に相談してみると何か良い策を教えてくれるかもしれません。

以上。今回は乗り物酔いに関するブログでした。

酔い止めの薬の箱をカシャカシャいわせて遊ぶ娘。娘も3歳くらいになったら車酔いし始めてしまうのかなー……

コメント

タイトルとURLをコピーしました